スポンサードリンク

乳ガン予防と検査

乳ガンは、婦人ガンの中で女性のガン症状の第2位にまで上っています。乳ガンは昔から見られる病気で、以前は比較的重視されませんでした。しかし近年になって徐々に増加し、次第に乳ガンが重視されるようになりました。統計によると乳ガンの発生と乳房の大きさ、形は特に関係はなく、ホルモンの変化と密接な関係があることが分かっています。


乳ガンとは

乳ガンは、乳房の悪性腫瘍のことを指します。乳ガンの症状は乳房の中に腫瘍が出来、固く固まるもので初期症状は乳頭からの分泌液に異常が見られたり、出血や痛み、乳頭萎縮、ただれ等が起きます。

一度乳ガンにかかるとガン細胞は早いスピードで拡散し、皮膚や胸筋、胸郭に癒着します。そして皮膚が次第に裂けていきガン性腫瘍が発生する。

乳ガンの初期症状

乳房に以下のような症状が表れたら乳ガンの前兆であると考えられるので、特に注意が必要です。

@触ってみて痛みはないが、以前なかった「しこり」が確認できる。この場合、繊維腫とも考えられるし、悪性の腫瘍とも考えられます。


A乳頭がへこんだり、乳房に異常な突出が見られる。正常な乳頭は通常突出しているもので、乳房自体の外観はまるく柔らかみを帯びているものだが、一部の人は生まれつき乳頭が多少へこんでいることもあるのでこれは差し支えありません。もともとは正常であったのに、突然乳頭がへこんでしまったり、乳房に原因不明のしこりが出てきたり、くぼんでいたりしたときには、すぐに病院で検査を受けた方がよいでしょう。


B乳頭や乳輪から原因不明の分泌物が出る。ただ、妊娠中の女性は子供に乳を与える必要があるので、分泌物があっても問題はありません。また、思春期の少女がだんだんと乳頭から白色、または無色の分泌物が出ることもあります。これ以外の分泌物が出た場合は必ず医者に行き検査をしてもらう必要があります。


C乳房の表面がみかんの皮のように変化する。しいては赤いしこりやただれが起きる。


Dわきの下を触ってしこりが確認できる。これはわきの下のリンパが集結して大きく固まったもので、乳房に腫瘍が発生し転移する兆候である可能性が高いです。


乳ガンの再発を予防するには

乳ガンの予防は仕事と休息のバランスをきちんと取ること、そして乳ガンになる危険性が高い要素を避けることです。そして最も重要なのは定期的に「乳房の自己健診」「X線検査」を行うことです。9割の乳ガンは患者自身が外観から、または触ってみることで発見されています。X線検査の場合、直径1cm程度の早期乳ガンを容易に発見できますが、常に行うと発癌の危険性があるため年に1〜2回を目安に検査を行うとよいでしょう。乳ガンにかかっていると分かったらすぐに病院で治療を行うべきです。そうすれば治癒率も高まることになります。

漢方や薬膳を使用すると「気を補い、血をきれいにする」「柔らかいものを固くし、固いものを分散させる」「血行を促し痰を取り除く」など主に「滋養」を回復させています。「柔らかいものを固くする」等に効果的なものは牡蠣、海草などで、鬱血には三七(サンシチニンジン)、ジャコウ、チベット紅花などが効果的です。気を補うにはやはり人参(朝鮮人参)が1番です。

西洋医学の乳ガン治療方法は放射線療法、内分泌療法、手術療法及び抗癌剤を使用する科学療法などがあります。しかし、一般的には最も効果のある手術療法が多く採用されています。乳房を一度切除してしまうと身体的にも心理的にもバランスを保つのが難しくなります。それゆえ、この時期は家族が側で支えてあげ、患者の心の支えとなり定期的に検査を行うことが大切です。

一般的に乳ガン患者はあっさりとして脂肪を多く含まない少量の油を使用した食べ物を取ることが原則であり、緑黄色野菜、とうもろこし、果物などの繊維を多く含む食べ物を多く取
り、コーヒー、濃いお茶、チョコレート、たばこ、酒などの刺激のある食品は避けましょう。食事に気を付けることも乳ガンの治癒率をぐんと高めることになります。

●乳房の自己健診方法

月経がきて7日目に検査をします。閉経後の女性は毎月決まった日に検査すればよいでしょう


入浴前に鏡に向かい右手を上げ後頭部におきます。右乳房の色、形及び乳頭から分泌物がないか、変わったところはないかを観察します。続いて左手に変え左乳房を同様に観察します。その後、両手を下ろし両乳房の相違を観察します。


入浴時に身体を濡らし乳房を暖めます。そして左手を後頭部に置き右手の真ん中3本の指を合わせて乳頭を中心にゆっくりと内側から外側へ時計回りの方向へ動かし触ってみて固まりや小さなしこりがないかを確認する。その後、反対の手に変え、もう一度同じように確かめる。最後に乳頭をつまみ分泌物があるかを確認する。


入浴後、枕を背中に敷きまっすぐ横になった後左手を後頭部に置き、右手で左の乳房を触り輪を描きながら順を追って進めていきます。この時、わきの下と乳房の上も行いましょう。終わったら反対側も同様に行います。

2007.02.13.08:17 | Permalink | Track Backs (0) |